自分を変える・肉体を変える為、まずは行動に移すこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 変えたいと思いながら変えられない理由。

いろいろな意味で自分を変えたいと思っている人は、結構多いのではないでしょうか?

本当に変えたいと思っていても中々変われない・変わらないということは、往々にしてあることですが、なぜ変えることができないのか?と、悩むこともしばしばありますよね。

自分は、意思の力が弱い!と嘆いてみても始まりませんしね。

さて、これをしたらこうなる。あれをやったらこんな風になる。と、分かっているのに行動に移すことができないのは、心のどこかに「楽に痩せる方法があるはずだ。」「簡単に筋肉をつける方法がどこかにあるはず!」と、思っているからです。

中には、本当にどうでも良いと言う人もいるでしょうし、一概には言えませんがこう思っている人は多いのではないか?こう思うわけです。

私は、武道の指導もしていますが、何かに向けての行動と言うのは、あまり起こす必要はないと思っています。なぜなら、やる気は、やらなきゃ出ないからですよ。

ですから、まずは何でも良いので体を動かしてみてください。

死ぬまで付き合うことになる私達の体 さぁ!始まりましたこのサイト。なんですが、その前にわざわざ足を運んで下さった皆さん にこのサイト...

視覚的に直ぐに変わるのは、肉体です。

皆さん案外、身体をリメイクしようと考えてみたときに、一番最初に思い描くのは、「自分の理想」ですよ。私だってそうです。

で、このあとに思うのはどれだけやれば・続ければいいのか?ってことが頭を過ぎります。大体の人が続けられずにリタイヤ・・・。

しかし、ちゃんとやれば確実にしかもかなり早い段階で自分の肉体の変化を感じられるはずなんですが、ここを見ずに挫折するんですよね。

それは、筋トレ初心者が陥りやすい錯覚が原因。

例えば、お腹を引き締めたいという願望があります。するとね、皆さん決まって腹筋運動なんです。お腹を引き締めたいのであれば腹筋ではなく、足を使うトレーニングがもっとも効果的

でも、なぜか腹筋なんです。

そもそもお腹を絞めたいのならお腹周りの脂肪がじゃまでしょ?でしたら、いくら腹筋運動をやっても時間だけが過ぎていきます。

なぜなら、身体中の脂肪を使わなといけないのに、小さく面積の狭い腹筋では消化がすこぶる遅いんですよね。

ですから、足を使う筋トレが良いのです。一週間だけ、毎日・・・とまでは言いませんが4日間スクワットをしてみてください。下腹部~わき腹の辺りに変化を感じることができると思いますよ。

運動強度とかも関係しますが、これだ!と、決めたらとにかくやってみることです。そして一週間前の自分と今の自分を比較してみてください。きっと変わっているはずです。

(皮下脂肪の分厚い人は、やはり時間が掛かりますので根気よくやってください。)

私が行った肉体改造法。 こう書くと大袈裟なのかも知れませんが、単にその辺に転がっているダイエットと言うことでしょうかね。(笑 巷には...

小さな成功体験がメンタル面の強化にもなる。

これは、別に身体の事だけでなく、全ての事柄においてそうだと言うことです。

仕事で高評価をもらった経験や肉体の事で褒められたと言ったようなことですね。競技においても同じで、何か一つでもいいから些細な事で構いません。成功体験をすることがとても大事なんです。

肉体的なコンプレックスを持っていたとして、筋トレやダイエットで見た目が変わると周りの評価・反応も変わります。

こと、肉体改造をしたらわりと早くこの評価を得られたりします。ましてやこれが異性からのものならそれは紛れも無く「自信」に繋がることでしょう。

こういった経験を積み重ねていくことで、やれば自分は変わるんだという単純ではありますが、マインドに変わっていきます。これが知らずしらずの内に続けられる大きな要因の一つなんです。

ですが、分かっていてもやれない人はいつまで経っても変わりませんよね。一日でも早く成功体験を積んで超がつくくらいのプラス思考の持ち主になってみてはいかがでしょうか。

理屈や科学的というものに偏り過ぎないこと。

こんなことを書くと「馬鹿なのか?」と思われるかもしれませんが、ここはあえてこう書くことにしました。

理由は、幾つかあるのですが私は学者でもなければなんでもないただの凡人です。しかし、何か疑問やおかしいと感じたら考えてやってみます。

ここで書かれていることのほとんどは、自分の経験であり貴重な体感ですよ。で、科学の何たるか?なんて事はしませんがいつも思うことは、化学での立証というのは後付けだと勝手に思っています。(笑

ですからいつも、気を付けていることは科学的にどうとかいうことよりも、「これをやったら、こうなった。」という、自分の体を通して感じた事や気づいたことが、一番大事だということなんです。

私たちが普段気を付けているであろう健康や食事。こういったものもさかのぼれば10年くらい前に言っていたことなんか、ほぼ全撤回せれています。

例えば、半身浴です。その昔は、健康や美容に良いといわれていましたが、今は肩まで浸かり尚且つ熱いお湯が実は体にいい。とか、肉類の油は体に悪く悪玉コレステロールの増加、高脂血症になる確率が上がるからよくない。こう言われていました。
しかし、今ではこうです。「実は、肉の油は体にとってとても良い。逆に沢山とった方がいい。」こうですよ・・・・・。

現に、今の私が肉中心で生活しています。はっきり言ってなんの問題もないです。

こういったことというのは、氷山の一角に過ぎません。

私は思うんです。「その昔、言われていたことを信じて実践していた人達は騙されていた訳だ・・・。」皆さんはどう思われます?

この他にも沢山あるわけですが、いずれにしてもできることなら自分の体のことですから鵜呑みにせず、理解を深めるという意味においても「実践」してみる。ということが良いと思います。私は、自分でできることは、出来る範囲で試したりしています。

自分の理解力のなさに凹むこともありますが、それでもやらないよりもやったほうが断然身になります。

私がプロテインを必要とする理由 最近では肉体改造と言えばサプリメント類が必要と考える人が増えてきているようですね。私もそのうちの一...

考えるよりも、まず先に体を使ってみよう!

ここに足を運んできてくれる方々は、少なからず体のことだったり運動や健康といったことに興味がある人だと思います。

一通り目を通していただいて、何かの役に立てば幸いかなと思っています。

最近では、なかなか外で遊んでいる子も目にする機会が少なくなり、大人であっても日常の生活に追われ体を動かして・・・と、いう機会が少なくなっていることでしょう。

ですがこんな中にあっても私たちは、肉体を度外視しては生きていけないわけでして、ある意味でここが根幹部分なのだと私は思っています。

体を動かすことに「これだ!」という決まりはありません。どう動こうがその人の自由ですよ。そのうえで、目指すものがあるのならそこに向けてやっていけばいいわけです。
確かに効率よく鍛えたほうが結果も早いと思いますが、ただ日ごろのストレス発散や健康維持の観点からでしたらなんでも良いと私は思いますし、それこそ「好きこそもの上手なり」ということでしょ。

頭の回転も体を動かすことで良くなりますから、とにかく四の五の言わず体を使う・動かすこれだけですよ。

健康だからできる運動。 この歳になりますと、改めて思うことがあります。それは何かといいますとね、世の中には金で買えないものがあるん...