中性脂肪・血糖値が300以上の人必見|数値を下げる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DHA・EPAサプリでは・・・・。

年齢も度々重ねてまいりますと、まぁ、大小の歪が出てまいります。私は、20代後半あたりぐらいから健康診断で引っかかるようになったのは、「脂質異常」の診断を受けていました。

この結果を見ましても、さほど気にもしていませんでした。そりゃそうで、自覚症状と言うのが何もない・感じない訳ですから医者に脅されてもビクともしません(笑

皆さんもこんな経験ありませんか?「そんなもんは、関係ない。」的な考え方。これは、今だから言えることですが本当に良くないです。

まぁ、ちょっと話を続けますと、それからしばらくは気にもかけることなく生活をしていました。が、数年たった後の健康診断で、一気に数値が上がっていました。

しかもそれだけではなく、血圧・肝機能・中性脂肪・体重・・・・。

このときの中性脂肪の数値は、私的には後にも先にも最高値の500オーバー。流石に医者に怒られましたが、それでも言うことを聞き入れようとはしませんでした。

理由は、やはり自覚症状がないことが挙げられると思います。

でもですね、正直な話、なかったのか?と言われれば「無い」とも言い切れない自分がいまして、今思い返せばすぐに熱が出たり、倦怠感、だるさ、偏頭痛・・・これらがきっと異変だったのではなかったのか?こう思うわけです。

そこで、医者の処方箋をもらおうか考えましたが薬が元来キライなものですから、他の方法を模索した結果、DHA・EPAと言うものが良いということを知り、使うことに決めたんですよ。

丸3年間使用してみましたが、まったく効かず、下がりも上がりもしない状態でした。

こんなことを言うのはなんですが、この類のサプリは効きませんね。

中性脂肪とは、その役目と害

そもそも中性脂肪がある理由って皆さんご存知ですか?

こんなの無きゃ良いのにと思ったりもしますが、絶対になくならないですし、無くなっては困るものでもあるわけです。

ようは、上手く折り合いを付けろってことなんですね。

中性脂肪の役割

中性脂肪は、皮下脂肪・内臓脂肪・血中脂肪など、まぁ、平たく言えば脂肪と呼ばれるものの殆どが、中性脂肪といわれています。

本来、これらは人間のエネルギー源であり、いざと言うときの蓄えです。お金なら蓄えが多いほうが良いでしょうが、多すぎる中性脂肪はいりませんよね。

中性脂肪の害

多すぎる中性脂肪は、どんな害があるのかと言うと。

三大成人病が頭に浮かんできます。これが起因して心筋梗塞や脳梗塞といった病気に発展するわけですよ。

正直な話。自覚症状がほとんどないまま、突然病気になってしまうようなことがほとんどではないかと思うんですがいかがでしょうか?

中性脂肪が上がるとどうなる?

実際問題、中性脂肪がぐんぐん上がっても、本人的にはほぼ何も感じません。

私も数値的には叱られるレベルでしたが、正直いくら叱られたって当の本人がそのことで、何か問題でも起きない限りは、どうってことない!としか考えられないものです。

私の場合、中性脂肪の数値が上がって、一番最初に感じた?ことと言えば、身体がすこぶる重く感じたことですかね・・・。

このころになりますと、脂質異常だけではなく、肝臓の数値も上がり始め、更に血圧も高めになっていました。真夏なんかは、仕事中にかがむような動作を繰り返すと頭の中にもう一つ心臓ができたのかと思うくらいガンガンし、酷いときは、両手でこめかみの辺りを強く押さえていないと割れそうなくらい痛い訳です。

これが、中性脂肪の上昇によるものかどうかというのは、分かりませんが確かに異常が出始めていた?のかもしれません。

もちろん、今は、まったく問題ないですよ(笑

中性脂肪を下げることは、困難である。

私もこの中性脂肪の上昇がこれ以上続くのは良くないとは思っていましたが、はっきり言って何をどうしたら数値が下がるのか?まったく分かりませんでした。

ネットや本などを読みあさってみましたが、これだという決め手がない・・・・。(汗

で、よくCMやネット広告なんかで見ていたDHA・EPAというやつに手を出してみることに。

百聞は一見にしかず。と、いいますから、まずは試してみようと思いましてやってみたんです。商品がどれかと言うことまでは書きませんが、トータルで2種類、2社の製品を使ってみたんです。

結果は、見事に効き目なし!!

これね、2社の製品のうち1社は2年間使用し、残り1年は別の製品を使ってみたんです。

トータル3年使い続けて、何の効果も無い!ここにつぎ込んだお金が3年で169200円

正直、馬鹿にしているのか!と思ったわけですよ。これだけの金が失われた訳です。最悪、少しでも良いから数値に改善の兆しでもあれば許せましたが、全く無いどころか、少しづつ増えていく・・・・。

こういう製品で下がった人っているんですかね?私の場合は全く効きませんでしたから、もう二度と買いませんし、DHA・EPAでは中性脂肪の改善は無理だと、私は結論付けました。

中性脂肪を規定数値内に納めるには?

私が行った肉体改造法。 こう書くと大袈裟なのかも知れませんが、単にその辺に転がっているダイエットと言うことでしょうかね。(笑 巷には...

中性脂肪を規定の数値に納めたいのであれば上記の記事を読んでみて下さい。やるもやらないも自分の判断で行ってください。

この上記の記事は、自分には無理だと思う人は、この先に目を通して見てくださいな。

まぁ、この厄介な中性脂肪というのは、なかなか一筋縄ではいかないもので、私も減らすのには大変な思いをしました。

まずね、どうやって減らせばいいのか?っていうのはですね、いたって簡単なことで、盲点でもあります。

DHA・EPAなんて言われていますが、私の場合には効果なんてありませんでした。そこで何が原因で中性脂肪が増えてしまうのか?を知ることが大事なんです。

皆さんは、何が原因だと思いますか?

油分ですか?肉類ですか?それとも何か他のものですか?皆さん知っている人は知っているでしょうが、大本の原因は炭水化物です。

この炭水化物をどうにかしないと中性脂肪は減ることは無いです。

私は、炭水化物をカットすることで500オーバーから120くらいまで下がりました。しかもたった一ヶ月で。

その後も気をつけているのかといえば決してそんなことも無く、普通の生活をしていますが問題ありません。というか炭水化物や糖質を食べたいと思わなくなってしまいました。(笑

糖質というのは、一種の麻薬みたいなもので、また食べたくなってしまう常習性が非常に強い食べ物なんです。

一度、糖質をカットしてしまえば、この麻薬みたいな常習性が抜けてしまいますので、食べたい欲求が無くなるということなんです。お陰で今でも私は健康です。

糖質カットは苦しい!ならば・・・。

糖質をカットすると言うのが抵抗がある人って多いのですが、実際は想像以上に辛いですよ。私は、そんな事は無かったんですが、やはり個人差もあるでしょうし、考え方も違うわけですから仕方が無いですよね。

でも、本気でどうにかしたいのでしたら、そんな柔な中途半端な気持ちでは、何をやっても同じです。

ですが、無理なく知らないうちに・・・みたいなことを考えるのは必然と言えば必然でしょう。そういう時は、食べるけども吸収しにくい。状態をつくりあげれば段々に減らすことができますし、日常の生活においても差ほど無理は掛からないのではないかなと、私個人は思うわけです。

こういった人には、サプリメントや薬なんかで強制的に吸収を抑えるやり方しか残っていません。実際に自分で管理出来ないから今の現状があるわけでしょ?

どうしても、辛くないやり方を模索している人、このままではダメだ。改善したい。こう思うのであれば、こちらの記事を参考までにどうぞ。

分かっている。が、できない・・・。 中性脂肪の数値が高く、なかなか下げられないという現象は、分かっていてもできない。或いは、分かっていても...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。