辛く苦しい日々、脱出できるかも知れない花粉症対策。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代病?アレルギー・花粉症に嫌気が・・・。

このサイトでは、健康や肉体の事などに関して、勝手気ままに自分の考えや経験・体感などを元に様々な記事を投稿している訳ですが、私なんぞの記事なんかにいったいどれくらいの人が見に来ているのか?さっぱり分かりません(笑

ですが、きっとどこかで何かのお役に立てている!こう信じて自分勝手にかいております。

今回もまた、訳の分からない話をしようと思いパソコンの前に陣取っております。最近でもない結構前から、「花粉症」「アレルギー」という非常に辛い症状に悩まされている人ってかなりの数で存在します。

私の想像ですが、二人に一人は花粉症とか何らかのアレルギー体質なのではないかと思うくらい私の周りにも沢山います。

花粉症歴数十年なんて人もざらにいて、そのたびに薬を処方しに行く・・・。なんとも哀れですよ。見ていてこっちまで辛くなってきますよね。

そんな花粉症やその他のアレルギー症状にほとほと嫌気がさしている方々に何か貢献できるのではないかと思ってこの記事を書いております。

単刀直入に言いますと、私の知人や友人にそれを試してもらい花粉症が改善した!と、言うお話です。

興味がありましたら見ていってください。層じゃない方はスルーをお願いします。

一年中花粉症に悩む私の知人

ちょっと、話しが長くなりそうな予感がしますが、なるべく分かりやすく書いていこうと思っています。が、文才の無い私には難しいかもしれませんので、長くなったらすみません。(汗

事の始まりは、今から3年くらい前に遡ります。仕事で知り合いになってからの縁で気心も知れた中、家族ぐるみのお付き合いをしている私の知人でAさんという人の話。

その知人(Aさん)は、とにかく見るも無残なほどの花粉症で、見ている私も感染してしまいそうなほどの重度ぶり・・・。

毎年2月頃をかわきりに10月くらいまでとにかく薬を切らせない。そんな状況でした。

不運にもAさんの息子さんも奥さんも花粉症で、度合いは違いますが、毎日マスクにティッシュペーパーは手放せない日々。

Aさん曰く、「馴れました。」との事で、私的にもそれがいつもの光景であり、季節の移り変わりの合図となっていました。(笑

たまたま私の家で飼っていた犬が皮膚病にかかり、何か良い薬はないかと探していた時、ちょっと目を引かれたものがありまして、いつの間にか犬のそれを探すことから離れてしまい、目を引かれたものを調べていました。(笑

ここまでは、皆さんも経験あるでしょう?目的のものではないものをいつの間にか検索していた。とかって言うのは。

でね、私が見つけたものをAさんに勧めてみることにした訳です。

なぜ薦めるのかについては、後述することにしまして、そのものを実際に奨めた訳です。が、あえなく却下されまして・・・・。

これを使えば、もしかして花粉症が治るかもしれない?私はそう思ったんですよ、だから重度の花粉症患者である彼に奨めた次第です。

ですが、この製品は海外製で国産ではありません。Aさん曰く、「海外はちょっとねぇ・・・。」でしょうね、この気持ちはよく分かります。突然、こんなの薦められたら私も敬遠しますものね。

そこで実際に私自身で人体実験をしようと考えました。そして購入の運びに・・・・・。

がしかし!私、アレルギーでない!花粉症でもない!!あちゃー。

それでもせっかく買ったので使うこと一ヶ月。私にどんな効果があったのか?正直、実感というほどの感じはありませんでしたが、便通が良くなったくらいです。若干、朝の目覚めが良いかも・・・くらいですかね。

私は、人柱になったことを説明し、とにかく騙されたと思って使ってみてはどうかと提案し、これで花粉症が治るなら安いものだろうと持ちかけました。

なぜここまで薦めたのか?これは、未だに分かりませんが、一つ言える事は長く花粉症の症状を目の当たりにしていたせいで、その光景が見苦しいというか見たくなかった。からだと思います。

Aさんは、私に騙されて1年間飲み続けました。

その翌年の春、TVでは花粉情報が出始め今年は花粉の量が非常に多く、対策をしてください。こう言ってました。

例年であればこの2月後半あたりから始まるAさんの症状が今年はまだ現れていません。
そして3月になり気付けが7月です。

私も正直な話、完全に忘れていました。(笑

で、ひょんな事から花粉症の話題になり、ハッと思い出しAさんに尋ねました。「花粉症はどうなった?」

そうしたら、返ってきた言葉は、こうです。
今年は病院の薬の世話になっていないし、病院にもいっていない。不思議だ~。」です。

私も驚いていますが、一番はAさん本人でこの現状を受け入れられないといっていました。何をやってもダメで、死ぬまで付き合っていくしかないと思い込んでいただけに本人も戸惑い気味で、にわかに信じられないと・・・。

Aさんは、本人ですからもっと前からこの状況を分かっていたんですが、信じられないものだから私には、うまく言えなかったようです。

これを気に家族全員をこの花粉症改善プロジェクトに巻き込み、結果、全員が問題なくなりました。いや~良かったほんと。薦めたかいがありましたよ。

でも、Aさんの中では、未だに信じられない部分もあるようで、もう1年やって問題なければ完治ということにしたそうです。(笑

非常に長くなってしまい申し訳ありません。

私自身、これは良い経験をさせてもらいました。自分の中でまた一つ何かが結びついた瞬間であり、自信にもつながると感じています。

この話の続きや何を薦めたのかについては紙面を改め記事にしていますので、こちらから見に行ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。