健康体になる為に私が実践していること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康だからできる運動。

この歳になりますと、改めて思うことがあります。それは何かといいますとね、世の中には金で買えないものがあるんだとしたら「若さ」と「健康

間違いなくこれだと歳を重ねるたびに強く思うわけです。

よく健康促進のために運動をする。こういう人がいますが、これって随分おかしな言い回しだなと思うんです。

逆だろ!健康だからこそ運動ができるんです。

そりゃそうですよね。当たり前のことです。具合の悪い人に運動はできませんからね。

こういう人は、まず、お医者さんに行ってちゃんと治してからやるようにしましょう。でないと、更に不健康になってしまいますからね。

まぁ、そもそも運動をすることで健康になるという認識も正直なところ、私は鵜呑みにはしていないのですが・・・。

そもそも、健康にはどっかの偉い人が決めた原理・原則みたいなものが存在しておりまして、ちょっと引用しますと、

身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。

こういうことらしいです。なんか難しく書きすぎているようにも思うんですが、健康とは、簡単に言ってしまえば体だけで判断できないもののようです。

と、まぁそんな理屈は置いておいて、私が考える健康体はもっとシンプルです。

つまり肉体そのものなんです。精神??はぁ?どうやって安定させるの??やり方は?誰も教えてはくれません。

文言はいかにもですが誰もわからないんですからやりようがないって言うのが現実です。

ここで私は、武道に置き換えて考えます。するって~と、あら簡単!体・技・心。これで片がつく。(笑

体力の衰えを感じたら。

まずね、なんとも説明のしようがないこの気だるさ。仕事も身が入らずやる気もおきて来ないんです。

何がそんなに変わったわけではないのですが、この変わりようは言葉で例えるのは困難ですよ。で、この不毛の時期を抜け出すのに1年くらいかかったのでしょうか。

これは、回復したわけではなくこの状況に馴れたというのが正解で何も解決というか改善はしていません。

そこで、なぜこうなったのか?ということを考えてみました。

はじめは加齢から来る衰えだと思っていましたが、実はそうでは無いことに気付いたんです。古傷が痛んだり、膝や肘が痛み出したり、季節の変わり目で来る体中の痛みだったり。

はっきりと言えば筋肉・筋量の衰えそのものだったということなんです。

 HMBってなんなの? 最近何かと耳にする機会が増えたこのHMB。さて、なんなのか?筋肉フリークなら興味がわくところでしょう。 ...

丈夫な肉体を手に入れる方法。

大前提として、今の状態がベストとまで行かなくても、とりあえず問題ないこと。こらが問題だらけならやる事は避けてくださいね。

それともう一つ、私の場合はこうしたということですので、自己責任でお願いします。


  1. 食事
  2. 筋トレ
  3. 薄着
  4. 皮膚を鍛える

上記に書いた方法でこの状態を打破しました。

食事は、後に別の機会に記事にしていきたいと思います。

筋トレはあちこちで情報が落ちていますので、今ここでは書きません。

薄着に関しては、呼んで字の如く薄着です(笑 とにかくうちの中でいるときはパンツ一丁!冬だろうがずっとこの状態です。

外出時も薄着に徹しました。例えば、周りが長袖であっても私は半そで。私の衣替えは11月以降になっています。

最後に皮膚を鍛えるというのは、薄着にも繋がっていくのですが、皮膚ってとても優れた防護服みたいなもので、普段、私たちはこの機能を洋服という邪魔でしかないもので、スポイルしてしまっているんです。

なんせ一番外側にあるものですからここを強化することで目には見えない外敵に打ち勝つこともできるようになります。

現に私は病気というものを何十年かかったことがなく、周りからは人間扱いしてもらっていません。(笑

健康体を作り上げるとどうなるか?

どっかの知らない爺が健康・健康と騒いでいる。そう思う人もいることでしょう。それは、仕方が無いことです。

実際、患ってみてはじめて健康であることが一番だと感じるんですから、でも人間はその時そう思っても直ぐに忘れてしまう。そんな愚かな生き物なんですよ。

いずれ人は、皆間違いなく死んでしまいます。その後の事は、知りませんし考えてみてもどうにもならない事。ならば今をどうするか。どうしたいのか。ということの方が重要であり、生きていくうえでとても大切な事だと、私は思うんです。

ちょっと話しは逸れてしまいましたが、実際にその後の私の状態は?といいますとね。

相変わらず丈夫で元気そのものです。こう書くと味気ないですね。

体力・気力ともにそこら辺の若者にも負ける気はしません。具体的に言いますと、以前よりも体が動きますし、疲れにくくなっています。

朝の目覚めはいつもすっきりですし、一番良いことは、若く見られるという事です。(笑

こう考えてみますとね。上に書いた4つの事柄を実行することでここまで変わるものなのか?と、思うくらいです。

その中でも一番重要なのは、「食事」これですね。

先にも書きましたがいずれこれも別の形で記事にしたいと思います。その時は、また立ち寄ってください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。