プロテインを摂取する理由。私は飲み続ける!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がプロテインを必要とする理由

最近では肉体改造と言えばサプリメント類が必要と考える人が増えてきているようですね。私もそのうちの一人でして、ある意味で流行りに乗っかっている??感じですかね。

私がこうした物と出合ったのは、中学生くらいだったような気がしますね。
当時のプロテインと言うのは、今のように飲みやすく溶けやすいものではありませんでした。ホントに不味かった!

今は、沢山の種類があり味も格段に美味くなって飲みやすい。製品自体の精度もぜんぜん違う。あ~、あの昔の不味さが懐かしく思えてきます。(笑

今でも飲み続けていますが、なぜ続けているのかと言いますと、年齢を重ねるたびに感じる老化というものに少しでも抗う為に私は飲み続けています。

結果として、身体はとても調子がいいです。(これだけが要因ではありません。)筋肉・肉体の衰えは精神の衰えにも繋がりますので、プロテインは欠かせなくなっています。

プロテインを飲み続けて分かったこと。

途中で何度もやめたりまた飲んでみたりを繰り返して来ました。その間様々な製品をとっかえひっかえした結果、行き着いたところがビタミンやなにやらの入っていないものでした。

何でかと言うことは後ほど書きますが、プロテインを飲み続けて分かったことがあります。あくまでも私個人の感想ですので、そこら辺を割り切って見ていただきたいと思います。

まず一つに、関節の痛みが無くなったと言うことです。どういうことか?と言いますとね。

左肘に鈍痛が常にありまして、左腕に力を入いらない常態がしばらく続いていたのですが、これがなくなりました。プロテインとの因果関係は分かりませんが私としては、筋トレや仕事などでとにかく弊害でしかなく、困っていたものですから大変ありがたいかぎりです。

一つに、下半身の筋肉量の低下が止まった?緩やかになった?ちょっと適切な表現がでませんが、加齢から来る下半身の脆弱さが落ち着いた気がします。
階段の上り下りやジャンプしたときの反動がね、なんとも言えない衝撃で身体全体に響いていたのですが、気付いたらそれも無くなっていたという私にとってとても良いことでした。

若いときは、何も感じませんでしたがこの歳になってね。こういったことが次々に起こっていた訳なんです。

気のせい?そう言われればそうなのかも知れませんが、衰えは確実に誰にでも訪れます。今はなんともなくても、そのうち必ず。

と、まぁこういった具合にトータルで見た場合私の身体は着実にいい傾向に向かっているわけですからプロテインは、やはり必要で年齢を重ねるほど飲んだほうが良いのではないでしょうかね。

年齢とともに減っていくタンパク質

ちょっとこの書き方おかしい?と思いながら書いているんですが、意味としては歳をとると食性が少し変わると言うことなんです。

私も例外ではありませんでした。なんとなく肉料理を食べると、もたれる感じがあり肉をやめて魚や野菜のほうを好むようになっていました。
今現在は、この間逆で肉ならいくらでも入りますし、正直な話をしたら肉以外の食材は必要ないとまで思っています。(笑

なぜ肉なのか?それはタンパク質だからです。もちろんそれだけではないのですが、日本人は総じてこのタンパク質が不足していると、どこかで聞いたことがありましてね。

ですから肉=タンパク質=プロテインとなる訳なんです。

はっきり言って肉をどれだけ食べれば・・・・と言う話になりますが実際問題としてお金が続きません(笑

だから手軽なタンパク質の補給にプロテインとなる訳です。

年齢に関係なくこれはしっかりととっていたほうが良いと思います。世の爺さんがた、自分があまり肉料理を好まなくなったと感じたら、早めにプロテインを飲んだほうが良いですよ。

プロテインの成分は基本タンパク質のみ!

過去の経験から私の場合、いらない成分は入っていないほうが良いという結論に至っています。各メーカーで特色の違うものが沢山世の中に送り出されています。

一消費者としては、総合的にバランスの良い配合が好まれますが、そこまでそれが必要なのか?と言うことは使う人の判断にもよりますのでなんとも言えませんが、私は必要ないと思っていて、三大栄養素の一つであるタンパク質がはいっていれば十分だと考えています。

理由は幾つかあります。例えば、筋肉を発達させる為に必要なビタミンるいです。
プロテインにもはいっています。効率よくというのを考えたときに商品としては当たり前だと思います。

が、この中でもビタミンB群の過剰摂取は良くないらしいということでして、プロテインを飲んでその中にマルチビタミンが含まれているにもかかわらず、別個でマルチビタミンのサプリメントを服用したら実際はとり過ぎということになるでしょ。

マルチビタミンの過剰摂取は前立腺の癌や腎臓や肝臓などにもろに影響するようなのです。

確かにこれらのビタミン・ミネラルは人間の体にとって必要なものですが、健康志向な人が増え、とにかくビタミンは大事とか何とかで、食事からサプリからまぁ~とにかく取り込む。

これって私から見たら過剰摂取以外の何者でもないわけです。

ましてやプロテイン単体でもいい感じに含まれているのですから、ほんとどれだけ健康になりたいのか?でも、結局そこまで健康にはなっていないはずです。(笑

こういったトータル的に見てみても、タンパク質以外のものははいらなくても良いと私は思っています。
ちなみに私が今使っているプロテインについては、こちらの記事に書いていますのでどうぞ見てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。