野生動物から学ぶことが、馬鹿な人間には必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然の中は、学びの宝庫。

記事タイトルを見て、不愉快になられる人もいるかもしれませんが、私的にはいつもこんな風に考えている訳で、そもそも人間が優秀で食物連鎖の頂点にいる。なんて思っている段階で哀れとしか言いようがない。こう思うんですよ。

私達、人間もある意味で自然の一部でありそこでなんとか生きながらえている。別の言い方をすると、生かされているということであり、とても危ういところで成り立っていると思うわけですよ。

まぁ、思うのは勝手な話で、別に賛同を求めるものでもないのですが、私がいつも感じていることなんです。

とかく、健康志向が強まっている中においてね。あれがこうだ、これがこうだと、巷では騒がれていますが、そんなに健康と言うものを考えるのであれば、もっと視点を変えるべきではないのか?こう思ったりしています。

大都会での生活では中々感じないことかもしれませんが、私のように田舎暮らしをしていますとね、ほんと自然にこそ今の人間にとって必要な事が沢山あると感じる次第です。

生活習慣の見直しで、何を見直す?

皆さんも一度は耳にした事があるはずの生活習慣。何かあれば生活習慣の見直し、こういわれますが、いったいどこを見直しますか??皆さんは。

第一に食習慣でしょうか。生活のリズム?まぁ、考えればキリがないでしょう。
では、見直して何かが変わったのか?と言えば決してそうでは無いと感じるんです。色々な事を見直してみると言うことは素晴らしいと思いますが、そこに実感が伴わなければ意味が無いと私は思うんです。

仮に、私を例に話して見ますと、世間一般の常識と言うものを当てはめた場合において私は全然ダメな人間と言うことになってしまうでしょう。

しかしながら、そこら辺にいるような健康志向の強い人間と比べても私のほうが明らかに元気であり、病気も皆無。

つまり実感が伴わない誰かが言っていた・あるいは学者がこう言っていた。と言うものをいくらまねしてみても、私のそれとは比較にならないわけです。

だからと言って私の真似をした方がいいと言う話でもない訳でね。そこら辺は見てくれている皆さん方の考えにお任せですよ。

私は朝食をまったく食べません。

はい。その通りで、幼少のころから朝食と言うものを食べませんでした。まったくとらなかったのか?と聞かれれば、食べなければいけない状況にあっては、そりゃ食べますよ。

ですが、普段の私は、まったく朝食はとりません。

朝食は、一日のエネルギー源だから食べなければいけない。朝食をとらないと頭が働かない。こう言われ続けておりますが、私は食べません。

実際なんの問題もないですから。逆に、食べないほうが身体はすこぶる動きます。誰にやれと言われた訳ではないのですが、自然にこうなっていた?と言うべきでしょうか。

朝、目が覚めて直ぐに食事をする生き物は、人間くらいのものです。

よ~く辺りを見渡して見てください。と、いってもよく分からないと思いますが、目が覚めていきなり朝食をとるのは人間だけです。

どんな生き物も、朝は食べません。逆にエサを探しに行くという「労働」をします。

これって現代人はしません。その昔の日本人はちゃんと労働の後に朝食を食べていたんですけどね・・・。

そもそも私達日本人は、農耕民族と言われていますが、それよりもはるか前には狩猟民族だったことを考えれば、今の生活と言うのは、本当に自然の摂理から逸脱しているのではないかと感じてしまいます。

人間の体は、目覚めから3~4時間くらい経たないと脳や内蔵の働き活発になりません。むしろ、朝食をしないといけない!と言っている方が些か無理があるように思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

腸の働きを妨げる行動は慎むべき。

日本には、「切腹」という言葉があります。海外では心の臓を衝いたりギロチンだったりとありますが、この切腹と言うのは日本だけ。

なぜ切腹なのか?現代に暮す私達は思いますよね。他にも絶命させる方法はいくらでもあるのに・・・。

ちょっと物騒な話ですが、このハラが人間にとって一番大事なところだと言うことを日本人は知っていたからです。

は。ここで、朝食と言うのは、目覚めで身体の機能が目覚める前の行為な訳で、胃や腸にかなりの負担がかかっていると言えるのではないかと思うんですよ。

ですから、こうした胃や腸に対して嫌がらせのような行為は避けたほうが懸命な気がします。

ちなみに私の朝はミネラルウオーター+プロテインだけです。

生活習慣の見直しは、野生動物がやっていることを見習うべき。

話しは最初に戻りますが、野生動物が何気に、自然にやっていることが人間には足りないことであり、そこから見えてくるものにこそ私達の生活習慣を変えるヒントがあるのです。

本当に健康志向であれば、私達は肉食動物の行動を逐一観察し、普段の生活に取り入れていくべきです。いっくら口で健康志向だのなんだの言ったって、実の伴わない行為に意味などありません。

その証拠に病気も減らない。身体は弱くなっていく一方ではありませんか。逆に、常識的なことをしっかりやっている人こそ体調を崩しやすくなっているように思うのです。

なんでもやってみなければわかりません。私は自分でやって「いい。」と思ったもの結果がでたもの意外は捨ててきました。

その結果、とてもシンプルな考えに今は落ち着いています。(笑


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。