鬼神一覧

肉体改造|皮膚も身体の一部です。

まぁ、持論です。幼少期にどれだけの刺激を受けたのかがとても大切で、なんでもいいんですが、大小さまざまな刺激がその子の感性や感覚を鍛えてくれると私は思っている訳ですよ。さらに、この時に付加価値でもないのですが、沢山の「菌」が体に付着します。

肉体改造|骨盤と姿勢の関係。

普段の生活の中で、「骨盤に上半身がのっている。」という感覚を持って過ごしているでしょうか?あるいは、こういった感じや状態を何気ない日常で感じて生活できていますでしょうか。これを意識レベルで行うことが必要で、そのうち意識しなくてもそうなってしまう。ここに持っていくことって健康面でも運動機能面でも私は大事なことだと思っています。

呼吸法で何が変わるのか?呼吸の意義とは。

そもそも呼吸法というのは何なのか?って話、武道の世界では度々聞くことがあるわけですが、一般の人にとってはなじみの薄いものです。 数多あるこの「呼吸法」の始まりというのは、仏陀が悟りを開くために行った行為が始まりのようです。後にこの仏陀は悟りを開き、皆さんがよく知っている「お釈迦さま」と呼ばれるようになるわけです。

筋トレ不要論。武道とスポーツの違い。

これは、全てがそういう考えではないと付け加えておきますが、スポーツ化が進む武道界でもこの筋トレ不要論は、大分かわって来ています。 武道というのは、「柔よく剛を制す」という言葉が有名かと思いますが、この発想というのは、武道が武道として成立するために欠くことのできない考え方な訳です。

中性脂肪はただ運動しただけでは・・・下がらん!

基準値を超えた中性脂肪というのは、今まで通りの生活をしていれば下がることはありません。むしろジワジワと上昇していきます。早急にとは言いませんが、対策をとるべきだと思います。毎回、健康診断で問診の先生にごちゃごちゃ言われるのはまっぴらごめん。ですが、ほっとくと危険であるのは事実。

私が好きな空手。

武道って始めるきっかけというのは、大概が不純だったりします。 「喧嘩に強くなりたい。」とか「いじめに逢わないように」とか、最初に大きな志をもって入門する人はまずいないと思います。いてもおかしいことはないのですが、なんとなくそう思います。自分もたいして変わりませんでしたから(笑)

使える筋肉と使えない筋肉?これって何?

確かにいろいろなことを上手にこなす人はいます。ですが、なんでも上手にではなく「そつなく無難にこなす。」と、言ったほうが的確なような気がしますね。 いくら素晴らしい肉体を持っていたとしても、それがすべてにおいて優れているなんてことはあり得ないわけです。それに見ただけでは、判断しかねる部分も大いにあるわけですからね。

持病の腰痛・ヘルニアって治らないの?治し方教えます。

ヘルニアと診断され、「もう治らない。一生付き合っていくしかない。」こう考えている人は多いのではないでしょうか? 実際に、完治したという話はあまり聞きませんし、手術をした人なんかの話を聞いてもあまり良いという人は少ないですよね。 実際に私もそうでしたが、手術となるともの凄い抵抗があるのも事実です。理由は簡単で術後、本当に何もなかったように生活ができるようになるか曖昧だからです。

筋トレ器具使ってます?使いませんか?

自分の肉体に自信がない。もっと筋肉を付けて男らしいカッコいい体になりたい。あるいは、今よりももっとバキバキになりたい! そう思うことは、男性なら誰しも思うこと。中には興味がない人もいるでしょうが、本能的に男性は「強くなりたい」と、いう気持ちがあるものです。

トレーニング・反復運動と変則的な動きどちらが良い方法か?

反復運動も変則的な運動もアプローチが違うだけで向かおうとするところは同じです。 どちらも競技の成績の向上を目指したもののはずですよ。じゃぁ、どっちが結果として良かったのか?これは、賛否がくっきり分かれるかと思いますが、私個人が考えるには「反復運動」に軍配があがると思っています。